会社概要

おかげさまで小島食品製造株式会社は今年100周年を迎えます。これもひとえに、皆様のあたたかいご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
弊社創業は大正11年(1922年)です。愛知県知多郡名和村(現在の東海市の北部)はトマト、玉ねぎなどの西洋野菜が商業栽培された最も古い地区の一つで、創業者の小島隆太郎もトマト・玉ねぎの栽培に従事しておりました。時流に乗り収益性の高い作物でしたが、不良果などの無駄になるものもあり、これらをなんとかできないか、ということからトマトピューレの製造を始めたとのことです。その後、ウスターソースやトマトケチャップを製造し、戦後占領下のパン食への転換に伴いジャム製造を始め、現在に至っております。
近年、野菜、果実の不良果を使用して……….というお問合せを多くいただきます。100年前からやってましたので、お気軽にお問合せください。

会社の沿革

大正11年1922年
(西暦)
当時の愛知県名和村にて創業。トマトピューレの製造を始める。
昭和10年1935年ウスターソースの製造を始める。
昭和19年1944年戦時下の企業統合令により周辺数社と統合。
昭和22年1947年ジャム類の製造を始める
昭和23年1948年小島食品製造株式会社設立
昭和34年1959年伊勢湾台風により本社、工場ともに罹災
昭和39年1964年新工場を現在の地に建設、操業開始
昭和40年1965年新工場の完成を記念し、ロゴマークとマスコットをデザイン。

jimyboyaジミー坊や
昭和63年1988年新社屋兼倉庫を建設。
平成5年1993年飲料製造業の免許を取得。
平成14年2002年菓子工場新設パイプ型駄菓子の製造を開始。
平成17年2005年カップ充填機を導入、カップデザートの製造を開始。
令和4年2022年創業100周年です。

会社所在地

最寄駅は名古屋鉄道常滑線 柴田駅と名和駅です

タイトルとURLをコピーしました