ジャム工場

一緒にジャムを作って、一緒に食べていただく方のページです。


ジャムを創りませんか
農家さん、コックさん、主婦の方など様々な方と新しいジャムを創ってきました。

ジャムは、保存しやすく、食品としてはハードルが低いので、創意工夫のしやすい食品です。

一緒に新しいジャムを創りませんか?
依頼の条件は?
パートナーとして、一緒に取り組んでいただける人。

食べる人の顔を思い浮かべることができる人。

新しいことに挑戦できる人。
事前にしておくべきことは?
どのようなものを、どれだけ、どこで売るかをイメージしておいてください。

特殊な原料を使用する場合は、入手の可否を確認しておいてください。

企画から製品化までの流れ


綿密な打ち合わせ
打合せの中で、特に「安全」「美味しさ」「新しさ」を追求しましょう。

安全
ジャムは砂糖を使って保存食になりますが、他にも、塩や酢、アルコール、油などを利用した色々な加工方法と、容器の密封、殺菌により安全で、美味しさを長く保てる製法を選考していきます。

美味しさ
美味しさの要素、味覚、嗅覚、視覚、触覚、それから、雰囲気や商品ストーリーなど、味の構成を中心に、見た目も楽しく、香りも口どけも良くて、食卓の会話も弾む商品企画をします。

新しさ
市場にあるものと同じものでは、ちょっと、盛り上がりに欠けませんか・・・・・
日本全国から様々な食材を探して、先人が考えた色々な調理方法を学びなおし、現在の機械装置を駆使すれば、全く新しい商品を誕生させることができるはずです。
真似ではなく、オリジナリティーを追求しましょう。
試作
商品のコアになる味を実際に決めていきます。
製造方法によって出来上がりの大筋は決まりますが、甘さやすっぱさを少し変えるだけで、味はもちろん、色合いや食感も変わります。

納得できる商品ができるまで、なんどもなんども、試作と味見は続きます。
ラベル
盲点になることが多いのが、パッケージの設計です。
た手の込んだラベルは素晴らしく思えますが、あえて泥臭くするのも「あり」です。あくまで商品のイメージに合わせ、デザインする必要があります。中身の施策と並行して進めていかないと、中身はできたけど、ラベルがまだできていない、ってなこともよくあります。
 
製造
商品規格にしたがい、製造を始めます。
原料の皮むきや、種とり、裏ごしなどの様々な処理をします。
原料の処理が終わったら調合作業です。短時間低温で煮つめたり、長時間煮込んだり、素材を活かした出来上がりを心がけています。
製造工程のラストはきっちり殺菌して安全性を確保します。湯殺菌や加圧殺菌など、商品に合わせて行います。
検査
内容量、糖度、pH、酸度、味、固形分の割合や色あい、真空圧、細菌検査など必要な検査をします。
パッケージの前には全数目視検査し、商品によっては重量チェック、金属探知を実施します。
パッケージ
ラベリングやシュリンクをしたり、リボンやカップなどのデコレーションを行ったりして、箱詰めし完成となります。

製品のご紹介

生産設備のご紹介

製品 内容量 包装形態  
ジャム・フルーツソース 個食包装 3g~50g スティックタイプ可
  小型ピロー包装容器 20g〜200g ダブルパック可
  業務用1kgピロー包装 900g〜1200g  
  業務用5kgピロー包装 4kg〜5kg  
  大型缶詰 18L缶、9L缶  
  ビン詰 50g〜1000g瓶 丸、四角、その他
カップデザート カップ 70g  
液体 ビン詰 PPキャップ 180ml〜900ml  
  ビン詰 ツイストキャップ 180ml〜900ml  
  個食包装 3g〜50g スティックタイプ可
各種液体調味料 個食包装 3g〜50g スティックタイプ可
  小型ピロー包装容器 20g〜200g  
  ビン詰 50g〜1000g瓶  
  ペットボトル 200ml〜1800ml  
果実、野菜ペースト 個食包装 3g〜50g  
  業務用1kgピロー包装 900g〜1200g  
  ビン詰 50g〜1000g瓶  
レトルト殺菌 温水シャワー式